2016年3月19日土曜日

5年ぶりにサイト見たんだけどさ事件

普段はサイトの中にいる人、遠藤です。
 かつて共に野球をしてきた戦友であり先輩にサイドチェストさんという人がいます(日本人)。その先輩とは18才の時に出会ったので、もうかれこれ14年近くになります。今はドイツに住みながら、すし職人という生き方をしている人(トレーニー)。

 そのサイドチェストさんは遠藤が今のサイトの構想を持ち始めた頃にはすでに出会っているのですが、会うたびに遠藤をイジリ的に小バカにしていました。まず褒めないというか嘲笑される。決まり文句はいつもこれ

「それ、どこにニーズがあるの?(笑)」
 
 遠藤はいつも熱弁していました。サイドチェストさん、筋肉はあらゆる問題を解決する共通言語なんです。国籍や性別、年齢を超えて。サイトが必要です。筋肉の価値に気づけるサイトが。

 唯一の問題は、このプロジェクトは最低でも10年はかかります。いや、10年経って、やっとスタートになるかもしれません。だからそれまで継続すること、つまり生命体として自分が生きていられるか、呼吸をし続けられるかが勝負です。

サイト名を告げると、サイドチェストさんは柿ピーを吹き出しました。

「いや、言っている意味が全然分からないし、それ、どこにニーズがあるの?(笑)」

 分かりずらくてホントすみません。でもいずれはウェアやアイテムも作っていくことになります。読者さんから筋肉バカのアイテムが必要だと声が上がった、その瞬間(とき)に。

「DA・KA・RA、それ、どこにニーズがあるの?(笑)」

世界中です。

「DA・KA・RA!!」

 このやりとりは10年前にはじまり、10年以上続いてきました。
そして2016年3月、事件は起こります。

 深夜に作業をしているとサイドチェストさんからスカイプコール。「グッモーニン!」時差ですね。しばらく話をした後、ふとサイトの話になり、サイドチェストさんはいくつかの記事を熟読しはじめました。そして事件は起こります。

「5年ぶりにサイト見たんだけどさ。早く筋肉バカのTシャツとか作ってよ、そしたら俺ドイツで着るわ」

5年間サイト見てなかったとかウソ言わないでください。
でも時は、来たのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿