2014年10月17日金曜日

筋肉バカは、バカじゃない。


 昨日のイベント(スポーツ業界)で初めてお会いした方が沢山いらっしゃいまして、遠藤さんは何をされている方ですか?と興味を持って頂けた事は本当にありがたかったです。遠藤はマイペースで変わっている奴だと昔から言われていますので、意味の分からない事も連発すると思いますが、今後とも宜しくお願い致します。<(_ _)>


 言葉だけでは中々伝えられない部分がありまして、是非サイトの記事やオリジナルコンテンツからスポーツやフィットネスへの情熱を感じ取って頂けたら嬉しいです。

 筋トレとスポーツ。運動が生活において良い効果があったり純粋に楽しいこと。多くの教訓を得られたり精神的に成長でき、友達や仲間ができるなど、色んなメリットがある事は誰もが知っている事だと思っています。しかしハードルが高かったり自己コントロールが苦手と感じている方も現実には沢山いると考えています。

 そのハードルを越えて生活を改善できる事、そしてプロがいかに凄いかが分かるようになること。で生活の充実感は大きく変わっていくと思います。

 そこで好みが分かれるのは承知の上で”エンターテイメントもありながら情報を多くの人に届ける。”という方法には突破口があると考え、それを自分はやるべきだしやりたいと考えはじめ約7年(もうじき8年)。今に至ります。

そして、その特殊な役目は「筋肉バカ」という抽象的概念に託しています。

筋肉バカという言葉は良いイメージもあるし、悪いイメージも今は確かにあります、しかしそのリスクを背負って価値ある情報をのせていくことで、より多くの人に自然と届いていきます。

【ケース1】

【ケース2】

筋肉バカは褒め言葉だよね。だって彼らはちゃんと身体の事しってるんだもん。という世界になったとき、きっと色んなことが良い方向に変わっていると思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿